建設業許可とは

建設業許可とは...

建設業とは、建設工事を請け負うことをいいます。建設業を営もうとする者は軽微な工事を請け負う場合を除いて、必ず建設業の許可を受けなければなりません。これは元請・下請、法人・個人を問わず必要となります。

建設業は全部で29業種に分類されており、業種ごとに許可を受ける必要があり、許可を受けるにはさまざまな要件をクリアする必要があります。

許可を受けている= 要件をクリアしている建設業者

許可を受けるとこで信用が高まります!


許可が必要な方...

下記の建設工事を請け負う方は許可が必ず必要です!

軽微な建設工事を除く建設工事を請け負う方


軽微な建設工事とは…

・建築一式工事(新築・改築・増築工事)

  請負代金 1,500万円未満 / 1件

  延べ面積 150㎡未満の木造住宅工事

・その他の建設工事(大工、土木、塗装等)

  請負代金 500万円未満 / 1件


29業種とは…

土木一式工事

建築一式工事

大工工事

左官工事

とび・土工・コンクリート工事

石工事

屋根工事

電気工事

管工事

タイル・れんが・ブロック工事

鋼構造物工事

鉄筋工事

舗装工事

しゅんせつ工事

板金工事


ガラス工事

塗装工事

防水工事

内装仕上工事

機械器具設置工事

熱絶縁工事

電気通信工事

造園工事

さく井工事

建具工事

水道施設工事

消防施設工事

清掃施設工事

解体工事


建設業許可の要件...


...準備中